よく利用する介護保険サービスの料金体系早見表

介護保険サービスの利用料金は全体の9割が保険給付され、残りの一割
を利用者が自己負担するようになっています。これは例外(保険料の滞
納者など)を除き、あらゆる介護保険サービスに適用されます。

認定区分によっては一割負担金の上限額があり、上限を上回ってサービ
スを利用した場合、10割自己負担になります。一つのサービスの利用
料は高くても数千円程度ですので、10割負担になると数万円という額
に跳ねあがります。ですので、ケアマネージャーは負担限度額を超えな
いように注意を払い、調整を行っています。

在宅介護の場合、認定が「要支援」と「要介護」では料金体系が大幅に
違います。さらに、利用するサービスの種類によっても異なっており、
かなり複雑になっています。実際に支払う料金はケアプランを決めてい
れば事前にある程度分かりますので、担当のケアマネージャーに確認し
ておくほうがよいでしょう。

ここでは利用頻度が高いサービスの費用などの特徴をあげています。

「要支援」の場合

・通所介護(デイサービス)
一か月ごとの定額料金。「認定区分」により料金が変わる。一つの事業
所しか選べない。

・訪問介護(ホームヘルプ)
一か月ごとの定額料金。「利用回数」によって料金が変わる。時間の制
限はないが、だいたい1時間程度。こちらも事業所は一つしか選択でき
ない。「家事援助」、「身体介護」などの区別がない。

・福祉用具貸与(レンタル)、購入
原則、ベッド(付属品含む)と車椅子など一部の用具が介護保険適用外
になっている。購入については制限なし(年間で上限10万円まで)。

「要介護」の場合

・通所介護(デイサービス)
一回ごとの利用料金。「認定区分」により料金が変わる。複数の事業所
を利用可能。

・訪問介護(ホームヘルプ)
利用時間による料金。「家事援助」、「身体介護」という区別がある。
複数の事業所を選択し利用できる。

・福祉用具貸与(レンタル)、購入
原則、要介護2以上でないとベッド(付属品含む)と車椅子など一部の
用具が介護保険適用にならない。購入については制限はないのは要支援と
同じ。

なお、訪問看護、訪問リハビリについては認定区分に関わらず、要介護の
訪問介護と同じ利用時間ごとの料金になっています。また医師の指示書が
必要になります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る