介護保険って言葉はよく聞くけど、一言でいうとなに?

介護保険は2000年4月から始まりました。それまで要介護老人に対
する公的なサポートは、国などの公的な機関が供給主体と定められてい
ました。国が行う介護サービスは必要最低限をカバーするという考えな
ので、介護サービスを利用するにはさまざまな制約がありました。

しかし、要介護高齢者がマイノリティだった時代はすでに終わり、税金
の財源だけではサービス供給を担えなくなりました。そこで国民全体で
介護を支える仕組みとして登場したのが介護保険です。

介護保険が開始されてから一部の例外を除き、民間が介護サービスの供
給主体となりました。在宅で受けるサービスについては基本的に法人格
をもっていればどんな会社でも参入できるというように非常に多様化し
たのです。

介護保険といっても、財源は全て保険料ではありません。保険料を負担
するのは第一号被保険者と呼ばれる65歳以上の高齢者と、第二号被保
険者と呼ばれる40歳から64歳までの医療保険に加入している人です。
財源の半分は保険料からの拠出で、残りの半分は税金が投入されていま
す。

介護保険の基本的な構造は医療保険と同じと考えていただければいいの
ですが、介護保険に特徴的ないくつかを列挙してみます。いずれも医療
保険とは違う点です。

1.保険料の支払いは第一号被保険者と呼ばれる65歳以上の人と、第
二号被保険者と呼ばれる40歳から64歳までの医療保険に加入してい
る人。

2.利用できるのは基本的に65歳以上の要介護認定を受けた人。なお、
40歳からも利用できるが、加齢を原因とする特定の病気にかかってい
る場合に限られる。

3.医療保険は出産手当金などの現金給付があるが、介護保険にはない。

介護保険法は5年に一度の見直しがあり、サービス内容が大幅に変更に
なることがあります。要介護高齢者の増加により、介護保険制度は年々
利用制限が増えていっている状況にあり、複雑さを増し、一般の方には
理解できないレベルになっています。ですので、ケアマネージャーと相
談して利用することになります。

一言で言い表そうと思いましたが、現状はなかなか「一言では言い表せ
ない状況」になっているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る