慎重になり過ぎて、寝たきりになる老人たち

高齢者が病気やけがから回復し、医師の判断により退院が許され自宅へ
戻れたとしても、これまで通りの不自由ない生活が送れるわけではあり
ません。入院中に専門的なリハビリにより、少しずつ歩行が可能になり、
自分で食事や身支度、トイレや入浴といった日常的な行動をある程度こ
なせることが退院の目安となります。

しかしながら、一度自宅へ戻ると、病院でできたことでも難しくなり、
介護無しには何もできなくなることが多くみられます。病院では早期の
回復を目指して、安全面の配慮が十分に整った環境の中で、集中的にリ
ハビリを行います。病室や廊下、トイレや浴室にも手すりやスロープが
付けられ、照明も明るく、広々としたスペースには歩行の邪魔になった
り視界を遮る障害物がないのです。

加えて、理学療法士や作業療法士の入念な指導により、順調にリハビリ
の効果が表れてきます。他方、家族と共に過ごす自宅は日常生活の場に
過ぎず、高齢者向けのあらゆる機能を備えたデザインにはなっていない
ので、退院直後で体の機能が万全に程遠いうちは、何をするにも不自由
です。

室内の段差や滑りやすい床、家具や電気コード、ドアや家具ですら、足
元を脅かす危険物なのですから、本人も歩くのが恐ろしくなりますし、
周りの家族も心配なものです。

安全第一の日常生活を心がけることが、本人にとっては安心ですし、家
族も介護の負担が削減できるため望まれる傾向にあります。例えば、本
人が歩いてトイレまで行き、用を済ますことも可能なのに、転倒の恐怖
や周りに迷惑を掛けたくないという気持ちから、おむつの利用を甘んじ
て受け入れることが多々あります。

折角、回復期リハビリ病棟においてある程度まで身体機能が回復したの
に、自宅で過度に慎重になるあまりに床から起き上がることや歩行をし
なければ、身体機能は簡単に低下して、動かしたくても動けなくなる日
も近くなります。ですから、本人も周囲も神経質になり過ぎず、着替え
や歯磨きなど全ての日常行為をリハビリの一環と捉えて積極的に体を動
かすことが大切となります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る