孫を養子にすることのメリット・デメリット

相続税の節税対策として、昔からある方法の一つに、孫を養子にするという方法があります。

これは、法定相続人(死亡した人から財産をもらう人)である実子(実の子)の数が少ない場合に、法定相続人1人当たりで計算される相続税の基礎控除を増やすために、法定相続人を増やす方法として使われてきました。

ですから、養子も法定相続人になれるということなのですが、実は制約があり、法律上は何人でも養子にすることはできますが、相続税における計算では、実子がいる場合は、法定相続人として計算できるのは1人までなのです(実子がいない場合、2人まで)。

ですから、基礎控除を増やそうとして養子を何人とろうが、基礎控除は1人分しか増えないということになります。

それでも1人法定相続人が増えると

(1)基礎控除が600万円増える。
(2)基礎控除が増えることで、相続税評価額が下がり、結果として税率も下がる。
(3)死亡保険や死亡退職金の非課税枠が500万円増える。

というメリットがあります。

しかし、以下のようなデメリットもあるのです。

一つは節税を目的とした養子縁組は、税務署から認められない可能性があるということ(養子そのものが認められないのではなく、法定相続人としてという意味です)。

もう一つは、孫が養子として相続した財産は、相続税の計算上「相続とばし」といわれる租税回避が可能になるため、相続税が2割加算されることです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る